歯の変色について

歯の着色の原因はいろいろありますが、一番は着色汚れ。

それから、歯垢の蓄積による、色素沈下です。

一度ついてしまった歯の変色って中々落ちないものなんです。

変色する前にするべきこと。変色するべきにするべきことについて簡単にまとめてみました。

美味しいものに限って色が付きやすいものなんです。

カレーやコーヒーワインや紅茶。さらに言えば、タバコなんかもそう。

そういうものの色が歯にくっついてしまって取れなくなってしまうものなんです。一番の原因はステイン。そうした食べ物、飲み物から、ステインが歯にくっついてしまって着色汚れとして表面化されます。

 

『じゃあ色のないものを食べればいいのか??』

 

と言うと、一概にそれだけでもなくて、歯垢。要は、

食べカスなんかが歯に付着して溜まっていって、

本来の白い歯を変色させてしまうんです。

 

私たちが変色する前にできることは『ブラッシング』です。

しっかりと正しくブラッシングすること。それだけで変色の原因を大きく食い止めることができます。

また、カレーやワインなど、着色しやすいものを口にした後は、すぐに口を漱ぐだけでも着色予防になるそうです。

 

では、着色した後はどうするか??

 

歯医者やサロンに行くのももちろん手ですね。

でも、もっと手軽にできる方法がこちら。

http://sincerelyaphotography.com/

 

これならば、変色前の予防としても十分に効果を発揮します(^^)