異常気象について想像した話

この前台所で夕飯の準備をしている時に、妹の方から何気なく「最近暑いね」と言ってきました。「異常気象らしいけど私達が小学校の頃って真夏の最高気温がこのくらいじゃなかった?そのうち異常が通常になりそうだよね。」「それで30年後位には防護服なしの生活は無理になってて、『昔の人は衣服だけの生活で良かった』とか言い出すの」って言いました。結構リアルにあると思うけど、こういう事はあまり姉妹では離さないので想像するの楽しかったです。またくだらない事でもいいので、ちょっとの間だけでも一緒に話してみたいなと思いました。
今年の冬に購入し手塩にかけて育ててきたミニタイプのファレノプシスですが、先週からとうとう蕾が開き出し、最も嬉しい開花シーズンを迎えました。
ただちょっと勿体無く感じたのが株を植えている鉢。温湿度の高い環境で育てていた為に素焼き鉢の表面に緑のカビやコケがたくさん付着してしまい、そのままリビングに飾るにはかなり見栄えが悪くなってしまっていたのです。
気にせずそのまま飾る手もありますが、せっかく苦労して咲かせたのですからそれでは勿体無く、鉢をすっぽり収められるお洒落な竹ひご製のカバーを近くのガーデニングショップで買ってきたのです。
予め鉢の寸法を計り参照した為、ピッタリと収まってくれました。これで今後少なくとも1ヶ月間はリビングで可愛いファレノプシスの花が楽しめるでしょう。

 

http://xn--pckua2at3b6ki1054eqkuafn6c.xyz/