今更だけど賃貸名称の意味

今更だけど、常日ごろ聞きなじんではいるものの、その意味を実はきちんと分かっていないものの一つに物件名がある。あちこちでよく見聞きする何とかコーポ、とか何たらハイツ、ハイム、メゾン何たらといったアパート物件のネーミングだ。
これらの物件名称は基本的に、物件のオーナーである大家さんが自由に命名することができるとのことだ。憶えやすい名称でつけられているらしい。気になる意味の解明は、まずコープは、あの生活協同組合コープの意味同様にコーポラティブを意味する。よって、アパートのコープはコーポラティブハウスつまり共同住宅。これは和製英語らしい。
これに加え、ハイツは高台とか丘を意味する英語、ハイムはドイツ語で家、メゾンはフランス語での家とのこと。やっぱり住宅を意味する単語であることには違いない、アパート名称のいろいろだ。こういう横文字はどっちかっていうと小奇麗なアパート物件についているようなイメージ。もちろん例外もあるけど。
逆にこれに対して、ちょっと昭和な薫りを残すような渋い物件、レトロな物件には何とか荘、っていう命名が多い印象を受ける。中には、意外と今風のマンション系の建物にも○○荘、なんていうネーミングがあったりすることも。いずれもなかなかおもしろい賃貸名称再認識だった。女性の育毛剤で髪の毛ボリュームアップした人って本当に要るの?