海外コスメに憧れ、爆買いした私だったのに

大学生の時、海外旅行初体験だった私は、アルバイト貯めたお金を握りしめ、免税店で憧れの海外ブランドコスメをスキンケアからメイクアップコスメまで、爆買いしました。友達や雑誌の口コミで得た情報を元に、どこのブランドのアイライナーが描きやすいとか、どこのブランドの保湿クリームは日本より半額で購入できるとか、有名芸能人のイチオシアイテムのパックはこの免税店限定だとか、細かい情報をメモし、購入漏れのないように、旅行の観光時間を割いてもコスメ爆買いにお金と時間を費やしました。その甲斐あって、帰りのスーツケースの中は、半分はコスメで埋まりました。帰国後、この戦利品を眺めては満足していました。そして、スキンケアから開封していきました。化粧水、乳液、美容液、クリームまでは一つのブランドラインに揃えたので、顔に塗りながら、海外コスメを堪能しました。翌朝どんな肌の仕上がりか鏡を見てみると、なんと真っ赤に晴れ上がった状態ではないですか。急いで皮膚科で受診すると、このスキンケアグッズが私の肌に合わなかったようで、許否反応を起こしたということです。せっかく海外コスメを入手できたのにと残念でなりませんでした。それ以来、国内コスメに限定し、パッチテストも必ず行うようにしています。

また、汗のコントロールもスキンケアには大切だと思います。

サラフェプラスは男でも使えるの?夏の営業マンの汗対策を完璧に!

特に営業職の方は汗対策はとても大事ですね。