痒みの強い紅斑

リール黒皮症というものをご存知でしょうか。これは主にある程度年配の女性の顔、こめかみ、方、くびれなどに痒みの強い紅斑ができ、

その後数週間後に協会のはっきりしない、青みがかった薄紫の色素沈着が生じます。これをリール黒皮症と言います。第1次世界大戦の時にドイツなので非常に流行したことから、昔は、戦争黒皮症というふうに言われていました。原因としては戦時中に化粧品の中に非常に安い鉱物油が使われていたことが原因ではないかというふうに考えられていました。しかしですが、必ずしもそれだけが原因というわけではないようです。なぜなら最近は鉱物油が使われた化粧品というものはありませんけども、しかしいまだに患者がいるからです。ですから、化粧品の中に、香料や油脂といったものが含まれていますけども。そこに何らかの感光性物質が含まれているのではないかというふうに考えられているようです。ですから安い化粧品を使うということは、注意ということができるかもしれません。リメンバーリンクスホワイト 口コミ