雑誌掲載されているので使ってみては?

去年パスポートを作ったのですが、
その時の顔写真がひどくて落ち込みました。
自分で思っていたよりも顔にしみやしわが多くて
なんてみっともないのだろう、これを10年も使うのかと
ため息を出しながら帰ったことを覚えています。
それがきっかけでだいぶ前に買った顔の古い角質を取る
ジェルを引っ張り出して洗顔することが習慣になりました。
続きを読む

オーガニック化粧品の基準?

オーガニック化粧品は今までの化粧品とは違い、あなたをキレイにしてくれる手段を1つ増やしてくれるようなので、これを使わない手はないでしょう。
オーガニック化粧品の定義が何なのかはあまり知られていないのが実情でしょう。
化粧品には大きく分けて、石油由来成分を排除したオーガニック化粧品と石油由来原料を中心とした化学成分を用いた化粧品とがあります。
無添加化粧品は化学化粧品に含まれている。
広く一般に知られていて普通に使用していることの多いのは無添加化粧品になると思います。
普通に考えると無添加化粧品は石油由来成分を含んでいないように思えるのですが、含まれているのです。
石油由来成分は約7000種類もあると言われており、この化学成分のうちお肌の対して刺激が強いとされる102種類の旧表示指定成分を含まないものを無添加化粧品としているようです。
化学成分を含んでいないオーガニック化粧品がお肌にとって良いことは明らかなことです。
しかし日本においてオーガニック化粧品の明確な基準がないようです。
現状において極端な話、1%でもオーガニック原材料を使っていればオーガニック化粧品ですと表示しても規制されることはありません。
オーガニック化粧品を選ぶ時には
・石油由来成分が排除されている
・動物由来成分が排除されている
・植物由来のうち70~90パーセント以上がオーガニック原材料である
ということ、国際的な認定標準を満たしているかを確認するようにしましょう。

ヒアルロン酸注入による豊胸のデメリット

短時間で済み、体に優しい豊胸術であるというヒアルロン酸注入による豊胸は、どんなことに気をつけて、受けるといいものなのでしょうか。人体では一定量のヒアルロン酸が生成されていますので、外部からヒアルロン酸を注入しても拒否反応は少ないですが、皆無というわけではありません。 続きを読む

水溶性と油溶性

いろいろな化粧品をつかってみても、お肌にきっちり染み込んでいるかよくわからないですよね。スキンケアとか。人間の肌って水と油が同居しているので両方の性質に順応できないと細胞まではいろいろな良い成分が届かにんですよね。
続きを読む

ニキビに効果のある石けん

たまに見かけますが、お手入れにコストも手間暇も使って自己満足している形態です。お金をかけた場合も、ライフサイクルがおかしいと将来も美肌は入手困難なのです。

肌が刺激に弱い方は、皮脂分泌が少量で乾燥しやすく、ほんのわずかな影響にも反応が生じる確率があるかもしれません。ナイーブな皮膚に重荷にならない就寝前のスキンケアを気を付けるべきです。アクナインは肌に優しいのでおすすめです。
日々の洗顔を行う際やハンカチで顔を拭く際など、よくあるのは闇雲に強く拭いている傾向にあります。やさしい泡で手をぐるぐると動かすのを基本に力を入れないようにして洗顔することを忘れないでください。
続きを読む